応募者の応募行動に影響を与えるハローワーク求人票の項目とは?!

応募者は求人票のどの項目を見ているのかを知りましょう

アイトラッキングいつもブログをお読み頂き有難うございます。
本日のブログでは、ハローワークの求人票において応募者が
1.注視している時間が長い項目
2.応募に前向きになる項目

3.応募を躊躇する要因になる項目
についてお伝えしたいと思います。

求人票に記載する情報は、各項目ごとに大切ですが、「応募者がどの項目に関心を持って求人票を見ているか?」「応募者の気持ちが前向きになる項目はどこか?」「応募を躊躇する要因になる項目はどこか?」理解し、その項目の記載内容についてはより意識して、応募者が理解しやすい、不安を払拭できる、より魅力を感じられ応募意欲を高める内容にすることが、応募者を増やし欲しい人材を獲得するうえで非常に重要です。

本日お伝えする内容は、独立行政法人労働政策研究・研修機構(JILPT)による、「アイトラッキングによる計測」より抜粋しております。

参考:アイトラッキングとは?
アイトラッキング2

1.応募者の注視時間が長いNo.1は仕事の内容

「アイトラッキングによる計測」の結果、応募者の注視時間が最も長かったのは、「仕事の内容」でした。注視時間のベスト10は以下の通りです。

仕事の内容欄<注視時間ベスト10>
1.仕事の内容
2.就業時間
3.就業場所
4.休日等
5.所在地
6.事業所名
7.職種
8.手当
9.雇用形態・雇用期間
10.試用期間

例えば、ハローワークの求人票の仕事の内容欄は何字記載ができるかご存知ですか?
答えは、「297文字」です。

貴社の求人の仕事欄は、
1.「297文字」を有効に活用されてますか?
(現状としては、約8割の求人票において文字数や内容面で不十分な状況です。)

2.仕事の内容が応募者に理解しやすい内容になっていますか?
3.応募者が見て、魅力ややりがいが感じられる内容になっていますか?
4.入社後のキャリアアップや自分の成長をイメージできる内容になっていますか?
5.入社後のフォロー体制などがイメージできる内容になっていますか?

求人内容に納得貴社の状況はいかがでしょうか?
応募者がもっと見てみたい、もっと知りたい、応募してみたいと思う求人票になっていますか?

仕事の内容欄に何を書けば良いか?どのような表現をすればよいか?などについてより詳しく知りたい方は、無料個別相談を是非ご活用下さい!!

無料個別相談(求人票弱点診断付)のお申込みはこちらからどうぞ
ハローワーク求人活用セミナーのご案内はこちらです

2.応募に前向きになる項目

求人内容に納得し意欲が高まる次に、「アイトラッキングによる計測」の結果、応募者が応募に前向きになる項目の第1位は、注視時間と同様に「仕事の内容」でした。応募に前向きになる項目のベスト10は以下の通りです。

<応募に前向きになる項目 ベスト10>
1.仕事の内容
2.就業場所
3.就業時間
4.休日等   5.雇用形態   6.賃金
6.職種(同順位)  8.必要な免許・資格  9.必要な経験等   9.試用期間(同順位)

求人内容に納得し応募する貴社の状況はいかがでしょうか?
ハローワークを徹底活用し、応募者が増え、欲しい人材が獲得できる求人票の作成に取り組んでみませんか?
無料個別相談(求人票弱点診断付)のお申込みはこちらからどうぞ
ハローワーク求人活用セミナーのご案内はこちらです

3.応募を躊躇させる要因になる項目

悩む女子社員最後に、「アイトラッキングによる計測」の結果、応募を躊躇させる要因になる項目の第1位も「仕事の内容」でした。応募を躊躇させる要因になる項目のベスト10は以下の通りです。

<注視時間ベスト10>
1.仕事の内容
2.就業時間
3.就業場所
3.雇用形態   5.休日等   6.賃金
6.必要な経験(同順位)   6.職種(同順位)  9.試用期間   10.必要な免許・資格
10.加入保険(同順位)   10.雇用期間(同順位)   10.従業員数(同順位)

貴社の状況はいかがでしょうか?
応募者がもっと見てみたい、もっと知りたい、応募してみたいと思う求人票になっていますか?
ハローワークを徹底活用し、応募者が増え、欲しい人材が獲得できる求人票の作成に取り組んでみませんか?

無料個別相談(求人票弱点診断付)のお申込みはこちらからどうぞ
ハローワーク求人活用セミナーのご案内はこちらです

4.まとめ

納得の入社最後までブログをお読み頂き有難うございました。
本日のブログでお伝えしたいことは、
採用に成功する為には、応募者目線を意識し丁寧に求人票を作成することの重要性です。

貴社や貴社の良さに魅力を感じて応募し、納得して入社する体制をしっかり構築することにより、
1.応募者が増える
2.応募者の質があがる
3.欲しい人材の採用ができる
4.定着率が向上し、採用経費の「ムダづかい」を改善できる
5.社内の雰囲気が良くなり、生産性が向上する
という5つのメリットを享受することができるようになります。

最後に以前のブログでもお伝えしましたが、求人票の主要6項目において、自由に使える文字数について復習の意味でお伝えします。合計文字数の929文字を有効に活用することにより、貴社の求人票の魅力が大幅に向上します。
<主要6項目の使用可能文字数>
1.事業内容:90文字  2.会社の特長:90文字  3.職種:28文字
4.仕事の内容:297文字  5.求人条件特記事項:216文字  6.備考:208文字

貴社の将来の礎となる優秀な人材の獲得のために、人材の採用に真正面から取り組んでみませんか?!
ご連絡を待ちしております。
無料個別相談(求人票弱点診断付)のお申込みはこちらからどうぞ
ハローワーク求人活用セミナーのご案内はこちらです
ミーティング3

関連記事

  1. 求人への応募

    コンビニ社労士の安紗弥香さんとの対談動画のご紹介

  2. 採用成功の対策のヒント

    大手企業の事例に学ぶ、面接移行率・内定辞退率改善のヒント

  3. ハローワークでは欲しい人材が本当に獲得できない?!

  4. 拒絶 男性

    求人への応募者が少ない原因はこの「NGワード」にあった!!

  5. 人材採用と離職防止は喫緊の経営課題です。

  6. 採用・職場定着の成功

    お金をかけずにハローワーク求人への応募者を増やすために取り組むべきこと…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA